お風呂に入ると肌が水分に覆われるので

乾燥肌が治ったような感覚になりますが、

むしろその逆なので注意しないといけません。

 

お風呂に入ると体温が上昇するので、

発汗しやすい状態になります。

 

発汗は乾燥肌の原因になり、

また顔や体についた拭き残しの水分が原因で乾燥肌になることもあるので、

十分な注意が必要です。

 

肌表面を覆っている保湿成分は、お風呂で体を洗うと失われます。

シャンプーやボディソープで体を洗うと、

肌の保湿成分は洗い流されてしまうので、

お風呂上りは乾燥しやすい状態になっています。

 

お風呂で使う石けんや洗顔料で皮脂のほとんどを取り除いてしまうと、

体の中の水分を蒸発しないようにする手段を失うことになるので、

乾燥肌の原因になります。

 

肌の乾燥を防ぐには、

お風呂から出たらすぐに保湿することが大事です。

 

大事なのは10分以内に化粧水を塗って水分の蒸発を防ぐことで、

水分をしっかり浸透させるには数回に分けて化粧水を馴染ませると効果的です。

 

また、化粧水だけでは水分だけしか補えず、

乾燥を防ぐには不十分なので、

乳液とクリームで油分をプラスしてやりましょう。

 

乾燥肌の人は、保湿効果が高いホホバオイルがオススメで、

人間の皮脂膜に似た性質を持つワックスエステルという成分が含まれています。

 

お風呂あがりはしっかり保湿しないと乾燥肌の原因になるので、

化粧水とクリームでしっかり保湿するようにしましょう。