当人がそれほど意識していなくても、

首や顔にしわが多いと、

年老いて見える原因になります。

 

老けて見えることを気にしている人のためにと、

若返り効果をうたう化粧品は、

しわを解消する効果があります。

 

しわ解消効果があるという化粧品を使うことだけでなく、

しわを減らすためには、

より根本的なスキンケアをしたほうがいいのではないでしょうか。

 

スキンケアを施す時に重視したいことは、

しわが目立たなくなるように、

乾燥気味の肌を保湿することです。

 

お肌の保湿が十分にできていないと、

しわ対策効果のあるクリームの浸透率もよくありません。

 

スキンケアを施す時に美容成分を皮膚の深層にまで浸透させるためには、

保湿力の高い肌になれるようなケアをしておくことです。

 

表情を変えたり、皮膚を保持するためにある表情筋が弱くなると、

皮膚が自重で下へと下がり、しわができやすくなります。

 

表情筋の筋力低下のせいでしわが増えている場合、

基礎化粧品を使ってのお手入れだけでは肌のしわ解消にはなりません。

 

日頃は使う機会がなかった表情筋を意図的に使ってみたり、

マッサージをして筋肉の血流を促進することが、

しわ解消につながります。

 

筋肉を使うと血液の巡りも改善しますので、

新陳代謝アップにも効果を発揮してくれます。

 

保湿ケアを意識して行うことや、表情筋を使う機会を多くすることは、

毎日の積み重ねが重要になりますが、

コストのかかる行為ではありません。

 

肌質を改善し、しわのないお肌になるためには、

顔面のエクササイズと、保湿を意識したスキンケアが大切です。