メイク落としにクレンジングオイルを使うと、

お肌のつっぱり感を感じるという人がいます。

 

オイルタイプのクレンジングは、

他のクレンジング剤より、洗い落とす力が強めです。

 

オイル型のクレンジングを使っても、

きちんと使うことで、肌に優しいケアができます。

 

古い皮脂や、メイク汚れ、毛穴から分泌された皮脂汚れを

よく洗い落とすことが、洗顔をする理由といえます。

 

オイル型のクレンジング剤は油汚れを分解する力が強いので、

ミルク型や、クリーム型のクレンジング剤よりも、

油分を含む汚れを分解して皮膚から洗い落としやすい状態にします。

 

ただし、洗い落とす力が強すぎると、

皮膚の健康的な状態を維持するために分泌されているような

油分まで除去することがあります。

 

皮膚の保湿や、

外部からの刺激から肌をガードするための分泌されている油分が、

クレンジング剤で分解されると、肌トラブルの原因になります。

 

クレンジングを行った時や、

洗顔ケアの後に肌の突っ張り感を感じる人は、

肌の油分を除去してしまったから起きているものです。

 

くっきりとしたメイクをした日だけ

オイルクレンジングを使うなどの使い分けが、

皮膚に負荷をかけないためには大切です。

 

メイク汚れをきちんと落としたいからといって、

皮膚をこすると摩擦が起きて肌トラブルの原因になりますので、

優しく扱いましょう。

 

皮膚を強くこすりすぎないように注意をしながら

クレンジングをしましょう。

 

適切な分量でクレンジングケアを行わなければ、

こすり洗いをしてしまうので、

ある程度の量は使うことです。