ニキビの原因は毛穴に皮脂や角質が詰まることなので、

乾燥肌ならニキビになることはない、

と考えている人もいますが、それは大きな間違いです。

 

皮脂の分泌が過剰だとニキビになりやすいのは事実ですが、

皮脂の分泌が少ない乾燥肌だからこそできるニキビもあります。

 

皮脂の分泌が少なくなり、それによって肌の保水機能が低下、

角質層に含まれる水分量が低下するのが乾燥肌です。


水分を失った角質層は、

それ以上水分を失わないように古い角質を溜めて厚くなり、

その結果毛穴も細くなってしまいます。


毛穴が細くなったところに、どんどん古い角質が増えていくので、

皮脂が少なくても詰まってしまう、というのが乾燥ニキビのメカニズムです。

 

乾燥ニキビは角質層から水分が失われることが原因なので、

ケアするにはとにかく肌に水分を与え、

保湿機能を正常化させるという、

乾燥肌の治し方とほぼ同じです。

 

皮脂膜が落ちやすくなってしまう界面活性剤が入っている化粧品は避け、

化粧水でしっかりと水分を補給して、

肌を強くこすらないなどケアのしすぎにも注意しましょう。


洗顔や化粧での保湿や水分補給は当然必要ですが、

乾燥肌の人には根本的に食事での水分が足りていない事も多いので、

日常生活での水分補給量の見直しも重要です。