基礎化粧品をつけるだけがスキンケアではなく、

美白を目指すなら他にすべきことがあります。

 

適切な洗顔で、不要になった角質層を取り除くことが、

美白ケアの第一歩となります。

 

でもどちらかというと、

洗顔後の化粧水と美容液、そして乳液のスキンケアはしっかりするけど、

洗顔はおろそかになってしまっているという場合が多いようです。

 

毎日の洗顔ケアで、

顔にこびりついた汚れや、古い角質を除去しなければ、

皮膚への負担になり、くすみやしみが残ってしまいます。

 

しみやくすみをいつまでも残したままで基礎化粧品をつけても、

美白効果が十分に得られません。

 

入念に泡立てた洗顔料で顔を洗うことは重要ですが、

洗顔効果を得るためには、

洗顔料と、肌との相性が合うものにする必要があります。

 

自分の肌に合う洗顔料を選ぶには、

肌の状態や、洗顔剤に求める洗浄力の強さなどが鍵を握ります。

 

洗顔の終了直後に保湿ケアを行い、肌を乾燥から守ることで、

乾燥に弱い肌はすぐにカサカサになってしまい、

化粧のノリが悪くなったり、小鼻の毛穴が黒ずんだりします。

 

一生懸命肌を洗浄したとしても、

刺激が強すぎてピリピリしたり赤くなったりしてしまうと、

それも美白ケアには逆効果となってしまいます。

 

ただ水で洗い流しても、

油分を含む汚れはそれほど手軽に洗い落とせるものではありません。

 

だからといって強くこすると、

皮膚によくない作用が出てきます。

 

肌の白さを守りたいなら、

正しいスキンケアを施して、肌に負担をかけないようにすることです。

 

適切な方法で顔を洗い、

不要な汚れや角質層を取り除きつつ、

肌そのものには負担にならないようにすることが重要です。