効果的な美白ケアには色々な方法がありますが、

まず意識しなければいけないことは、

紫外線を遮断し肌を守ることです。

 

しみやくすみができるのは、

紫外線を受けた皮膚にメラニン色素ができて、

排出されずに皮膚表面に残るためです。

 

紫外線の下で活動する時間を減らしたり、

日傘や、つばの広い帽子をかぶるなどして、

肌をガードしましょう。

 

太陽光に含まれている紫外線は一年じゅう地上に到達していますので、

春先や天気のよくない日でも、

油断しないできちんと紫外線予防をしましょう。

 

シミやくすみを作らないためには、

美白化粧品を使用したケアも効果的です。

 

今あるシミを減らし、

新たなシミができないように抑制する効果が美白成分にはありますので、

積極的に使っていきましょう。

 

ハイドロキノンや、ビタミンC誘導体は、

肌の白さを高めてくれる成分であると言われています。

 

高い美白作用があるとされているハイドロキノンですが、

過剰な使用は皮膚にとってよくないので、

配合量には要注意てず。

 

アルプチン、トラネキサム酸、コウジ酸、カモミラETなどの成分が、

メラニン色素の生成をブロックする作用があります。

 

メラニン色素がつくられないように働きかける成分は、

新しくシミが増えないようにする効果はありますが、

今あるシミ解消にはなりません。

 

美白化粧品を使用しても変化を実感できないのは、

肌の悩みにあった化粧品を選んでいない可能性があります。

 

自分の肌について把握した上で、

美白ケア効果が見込める成分が使われているスキンケア用品を選びましょう。