顔が脂っぽいから自分はオイリー肌だと勘違いしている方も多いですが、

実際には乾燥肌であるケースも少なくありません。

 

乾燥しているのに皮脂が多くなるというと一見矛盾しているようですが、

これには理由があります。

 

弱って乾燥した肌を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまい、

表面は脂っぽいのに内側はむしろ水分が少ないという状態になっています。

 

そのため、

皮脂を取ろうとオイリー肌向けのスキンケアをしてしまうと逆効果となり、

かえって悪化していくのです。

この場合はしっかりと乾燥肌スキンケアを取り入れる必要があります。

 

ポイントとなるのは、洗顔をやりすぎてしまわないことです。

皮脂を気にして洗浄力の強いものを使ってしまうと、

乾燥が改善されないのは言うまでもありません。

きちんと泡立てて、優しく洗うようにしましょう。

 

次に、化粧水などはアルコール入りのものなど刺激の強いものは避けて、

乾燥肌向けのものを使うことが大切です。

肌が水分を補給できるよう気をつけましょう。

 

最後に、乳液など油分で蓋をするのも忘れてはいけません。

脂っぽさを気にして化粧水だけで済ませてしまうと、

水分が蒸発しやすくなります。

 

ただし、乾燥肌だからと乳液やクリームをつけすぎるのも良くないため、注意しましょう。